忍者ブログ

ガングリオン

ガングリオンについて詳しく説明しています。 ガングリオンのつぶし方や痛み、原因、手術方法、似た症状を伴う病気についてまで説明します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブックマークに追加する

ガングリオンの症状、原因、治療法

ガングリオンとは、腱を包んでいる腱しょうや、関節を包んでいる関節包が風船のようにふくらむ良性の腫瘤(しこり)です。
体のいろいろな関節にできますが、手関節の甲がいちばん発生しやすく、手のひらや指の付け根、肘関節周辺などに現れることもあります。
女性に多いのが特徴です。
ガングリオン自体は無症状ですが、できた場所によっては神経を圧迫して不快に感じたり、痛んだりすることがあります。
整形外科または、手の外科の専門医を一度受診して、適切な診断を受けることをおすすめします。
診断は、注射器で腫瘤の中身を吸い出します。無色透明なゼリー状の液体が出てきたらガングリオンですガングリオンと診断されたら、しばらく様子をみます。自然に治ることもありますし、日常生活に支障をきたさない場合は、そのままにしておいても大丈夫だからです。
しかし、腫瘤が大きくなって目立ってきたり、不快感やしびれ・痛みなどを感じるような場合には、治療が必要となります。
主な治療は、注射針でゼリー状の内容物を吸い出します。
これらの治療で再発、あるいは痛みなどがある場合は、腫瘤を付け根から取り除いたり、腱しょうや関節包を取り出す手術を行います。治療をせずに様子を見るのか、いずれかの治療を行うかなどは、主治医とよく相談して決めましょう。
 
PR
ブックマークに追加する
sponsored links
sponsored links

ガングリオン wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]